リフロー炉の自作-01 計画

リフロー炉が欲しくなったので自作しようと決めました.

仕様部品と制御方法等の計画をまとめていきます.

ちなみに,リフローで一番大事なのは,リフロー炉よりも,ハンダの管理だそうです.(そのうち詳しくUP予定?)

とりあえず作りたい人向けの記事

http://www.jp3cyc.jp/2017//リフロー炉の自作 とりあえず動かしてみる/

製作のきっかけ

  • チップ部品の実装にはまっている
  • でも,手でハンダづけするのは大変
  • リフロー炉がほしい

計画

  • トースター:を改造する
  • 制御:Arduino,AVR,R8あたりのマイコンを使ってPID制御をする
  • 現在の温度をシリアルで送信する
  • 液晶を搭載して,目標温度,現在温度を表示する(気が向けばグラフィック液晶でグラフも)
  • 温度設定用のボタンをつける
  • 排気用の集じん機をつくる(ただほしいだけ)

トースターについて

昔使っていたタイガーのオーブントースタに改造する.

改造点

  • 温度センサをつける
  • 電源コードの途中にリレー(SSR)をとりつける
  • トースターの内部があつくないようなら,コントローラを埋め込む
  • 網の位置を変更する

業務用のリフロー炉では上部から,高温のエアーを吹き付けたりしているようですが,

http://www.emsodm.com/userfulinfo11.htm

今回は自作リフロー炉で一般的なタイプを製作します.

 

制御について

マイコンを用いてPID制御します.

今回の重要点

  • 重たい制御はしないので,安いマイコンで済ませてしまう
  • PID制御
  • 設定温度と現在温度の表示
  • 現在温度をシリアルで出力

PIDの調整は限界感度法を用いて行いたい.

 

集じん機

リフロー炉には集じん機はなくてもよいとか聞いたことがありますが,集じん機があるとかっこいい?のでほしい.

一般家庭のリフローは,一度に大量のハンダ付をやっているものだそうです.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です