BeagleBoneGreenのGPIOを制御する方法

BeagleBoneGreenのGPIOを制御する方法です.

gpioファイルに1か0を書く込むことで制御します.

BeagleBoneGreen(Debian)のGPIOはファイルに数値(1または0)を書き込むことによりIOを制御します.

ここでは,GPIO67に接続したLEDをON,OFFします.

1. rootでログインします.(sudoだと権限エラーになって設定できません.suはOK)

2. GPIOの設定ファイルがあるフォルダに移動します.

次のコマンドを実行してディレクトリを移動します.

3.次に,入力ポートとして使用するか,出力ポートとして使用するかを設定します.

ここでは出力ポートとして使用します.(標準では入力ポートとして設定されていました)

以上で設定は終了です.

4.LEDを点滅させるときは次のコマンドをシェルで実行してください.

・LEDを点灯するとき

・LEDを消灯するとき

 

ちなみに,この方法はラズパイでも使えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です