PIC18F14K50でUSARTが動作しないときの対処方法

秋月にあるAK-PIC18F14K50をつかって,USART通信を設定したものの使えないときの対処方法です.AD変換が標準で有効になっているため,AD変換を無効にしておかないとUSARTが動作しません.

 

原因はAD変換が標準で有効になっているため,USARTのポートがAD変換として使われているようです.

そのため,AD変換を無効にするように宣言すれば,シリアル通信が動作するようになります.

開発環境

・MPLAR IDE v3.40

・Cコンパイラ XC8

 

メイン関数の中の初期化しているあたりに,次の2行を追加します.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です