ラズパイでサーボの角度を入力するプログラム

RaspberryにRPIOを入れて,サーボの制御を行いました.

スイッチをサーボで操作するよていなので,サーボの最適な値を調べる必要があります.

そのために,画面で入力した値をサーボに出力するプログラムを書きました.

プログラム

 

解説

プログラムだけを貼り付けても面白くないので解説してみます.

webiopiというライブラリを読み込みました.

ここでは,GPIOに信号を送信するために用いています.

RPIOライブラリからPWMを読み込みました

このライブラリを読み込んだおかげでサーボようにPWMを出力することができます.

PWMライブラリのサーボ関数を読み込んでいるイメージです.

これはサーボのGPIOのピン番号をservoPinという変数に置き換えています.

この文章は永久ループです.

この二行の関数を繰り返します.

 

入力画面から値を読み込み,inputという変数にいれています.

servo.set_servo(ピン番号,値)を指定します.

さきほど,servoPinに14を代入しているので,ピン番号の欄にservoPinと書いています.

また,値は読み込んだ値を入力するのでinputをいれています.

inputした値は数値ではなく文字列なので,整数型(int:integer)に変換しています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です