リフロー炉の自作 とりあえず動かしてみる

リフロー炉を一から作るのも良いが,欲しい機能がわからない.

そこで,スイッチサイエンスのりフロー炉キットのファームウェアが公開されているので,Arduinoに書き込んで試しにリフローしてみました.

この記事を参考にして作ってみました.

https://www.switch-science.com/catalog/1690/

オーブントースターをリフローオーブン化してみた

 

買ったもの

MAX31856搭載 熱電対アンプモジュール https://www.switch-science.com/catalog/2977/

熱電対 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00306/

ソリッドステートリレー http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00203/

 

適当な作り方

スイッチサイエンスのオーブンは上下で制御できるようですが,手元にあったオーブントースターはヒータが一つしかないタイプなので,片側のみの取り付けとしました.

ヒータは上下についていますが,直列に接続されていました.つまり,ヒータ1つの定格は50 Vだと考えられるので,それぞれを上下を別々にして制御するとヒータ1つに100 V加わるのでやめました.

あとはArduinoにプログラムを書込,熱電対とSSRを取り付けてあとは焼くだけです.

使ってみた

バーサライタのハンダに使ったやつです.

LEDとスイッチがこんがりと焼けています.

時間が長かったのが悪いのか,温度設定がまずかったのかはわからないので,後々調べてみます.

 

焼いている様子(参考用:上の基板とは別基板)

 

 

リフロー炉の自作 とりあえず動かしてみる」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: リフロー炉の自作-01 計画 - jp3cyc's blogjp3cyc's blog

  2. 温度センサーは、どのようにされてます?

    捨て基板に、高温半田少量でパターンにつけとかないといけないかも。

    • とくに何も考えずに,温度センサの足はhttps://www.switch-science.com/catalog/2977/ にあるコネクタにネジでつけています.
      センサは本体の真ん中ぐらいに穴を開けてぶら下げています(とくに固定はしてないです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です