即席 天秤の自作

天秤を即席で作ってみました.

適当な木材と竹串,袋があれば作れます.

 

友人宅でご飯をつくろう!という流れになり,冷凍の豚肉の重さを測定することになった.

はかりがないので重さを測定することができない.

はかりがないなら作ればいい!

 

重さを測定するときの基準になるものとして,ノートパソコンのバッテリーを使った(それしかなかった).

それぞれを持ち比べてどちらが重いかを測った.どっちが重いかの決着がつかなかった.

そこで,はかりを作ることになった.

 

材料はどこの逸般家庭にある,木材の破片,竹串,スーパーの袋,1円玉(分銅として使用)

まずは,木材の破片の中央部に,ドリルで竹串が通る穴を開けます.

(たまたま友人宅のリビングにインパクトがありました)

次に,その穴に竹串を通します.

 

その状態でバランスを見ますが,あっているわけもないので調整をします.

木材の端にネジを取り付けて,バランスを取ります.

 

こんな感じにネジを締め付けたり,ゆるめたりしてバランスを調整します.

(ボルトを使って調整するほうが見た目はきれいですね)

(釘バット?とかいわれました)

ネジをつけている側が下に落ちると重いので,ネジを取るか,締め付けます.反対にネジがある端が上に行くと軽いので,ネジを緩めるか,ネジを追加します.

いい感じにバランスが取れたら,比較する対象物を入れた袋を両端に吊るします.

このときに,両方が中心から同じ距離に来るように注意します.(最も重要)

距離がかわると正確にでてきません.

(詳しくは軸周りのモーメントについて調べてください.気が向いたら書きます.リクエストがあったらすぐに書きます.)

 

今は左の方に1円玉を入れているので重くなっています.

1円玉の枚数を調整して,吊り合うようになればある程度正確な重さがわかります.

1gの分銅代わりに1円玉を使用しています.

(バッテリーの重さが正確だとするとですが…)

これではかりをつくることができ,重さを測定することができました.

次回は洋灯に袋をかけてみたいです.

アルミパイプでもつくてみたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です