mbed FRDM-K64F タイマー割り込みの実装

FRDM-K64Fにタイマー割り込みを行い,Lチカを行いました.

参考URL

https://developer.mbed.org/users/okini3939/notebook/ticker_jp/

GPIOのD0(PTC-16)がチカチカします.

 

1. 割り込み時に実行する関数(サブルーチン)を作成

2. 割り込み用の関数を宣言

3. 割り込み開始命令を実行

dynamic関数を100000マイクロ秒ごとに実行

ダイナミック点灯するためにプログラムを書いているので,マイクロ秒単位でのプログラムになっています.

attach_usを使うとマイクロ秒単位の割り込み

attachを使うと秒単位の割り込みです.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です