iPod touch 第4世代を直流安定化電源で無理やり起動させる

バッテリーが劣化して起動しなくなったipodに直流安定化電源を接続して無理やり起動させた話.

危険なことをしているので要注意

iPodtouchの電源が入らなくなった.

データはiCloudに保存しているので問題なかったが,

LINEをFacebook認証していたために元の端末を起動しないとダメだった.

そのため,無理やり起動させることにした.

 

症状

バッテリーの持ちが悪くなってきて,あるひ起動しなくなった.

起動はするものの,リンゴマークのまま先に進まなくなった.

起動に必要な電力をバッテリーから供給できなくなったためだと考えられる.

対策方法

蓋を開けて,バッテリーのところに直流安定化電源を接続すれば,ipodは起動すると考えた.

起動したときに,LINEの引き継ぎ設定を済ませてしまう.

作業

 

この作業は危険を伴いますので,消火器等を用意しましょう.

自己責任でおねがいします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解

分解手順はiFixitを参考にした.

https://www.ifixit.com/Guide/iPod+Touch+4th+Generation+Battery+Replacement/9829

手順に従い,Step8まで作業を行う.

バッテリーを交換するわけではないので,途中までで大丈夫.

この状態までもってきます.

バッテリーに接続

丸のところがバッテリーを接続している端子です.

ここのプラスとマイナスから,コードを引き出します.

 

予め,3.7Vに設定した安定化電源を接続します.

バッテリーを充電している状態なので,作業は手短に済ませます.

(ipodってLipoだったことに驚きました.)

起動

電源をいれます.

起動しました.

復帰

あとは,LINEを認証して,逆の手順で元に戻します.

 

 

この状態で電源がはいるということは,バッテリーが劣化しているということなので,バッテリーを交換するとipodは再び使えるようになります.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です