mbed FRDM-K64F USB経由のシリアル通信

mbedFRDM-K64Fでシリアル通信を行う.

USB経由でのシリアル通信を行うためにはドライバーのインストールが必要です.

 

1.シリアル通信を行うためのドライバーをダウンロードして,インストールします.

https://developer.mbed.org/handbook/Windows-serial-configuration

インストールが完了すると,COMポートとして認識されます.

COMポートの確認方法は以下の記事を参照してください.

USBシリアル変換アダプタのシリアルポート番号を確認する方法

 

2.シリアルの関数を宣言

詳細はhttps://developer.mbed.org/users/okini3939/notebook/Serial_jp/

 

USB経由のシリアルなので,USBTX,USBRXとします.

3.初期の宣言をします.

バウンドレートは一般的な9600bps

シリアル通信のビット数8ビット,パリティーなし,ストップビット1ビットに設定しました.(Teratermの初期設定に合わせた)

4. 出力

これは先ほど作成したタイマー割り込み関数の中に入れていますが,メインループでも大丈夫です.

\rで左にカーソルが戻り,\nで改行をしています.

\nだけだと,文字が階段状に出力されます.

5.プログラムを書き込み,ターミナルソフトを起動して,Helloが出力されると成功です.

ターミナルソフトはTera termがおすすめです.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です