PCBgogoの注文方法 KiCadで設計したPCBとステンシルの頼み方

PCBgogo (https://www.pcbgogo.jp)でプリント基板とステンシルを作ってみました.

その時のデータの作成方法,注文方法をまとめます.

KiCadでのデータ作成

1.データの作成

KiCadで基板設計を行いました.

デザインルールはKiCadの標準設定を使用しました.

(最小配線幅0.2mm,最小ピア径0.4mm,最小のマイクロピア径0.2mm)

2.製造データの作成

「ファイル」→「製造ファイル出力」をクリックします.

以下の7個にチェックを入れます.

F.Cu:裏面の配線(銅箔)

B.Cu:表面の配線(銅箔)

B.SilkS:表面のシルクデータ(印刷する文字のデータ)

F.SilkS:裏面のシルクデータ

B.Mask:表面のマスクデータ(レジストのデータ,緑色の塗料を塗る場所の指定)

F.Mask:裏面のマスクデータ

Edge.Cuts:基板外形データ

 

次に,ドリルデータの作成を行います.

下の方にある「ドリルファイルの作成」をクリック

図のようにチェーックを入れます.

右の方にある「ドリルファイル」をクリック.

(プロジェクト名).drlファイルが作成されます.

NPTH(メッキなしドリル)が基板に使われていると,(プロジェクト名)NPTH.drlというファイルも追加で出力されます.

ファイルを出力するときは,適当なフォルダを新しく作成して,製造用データのみの入ったフォルダを作ると便利です.

今回はKiCadのプロジェクトフォルダの中にあるGrblというフォルダの中に入れています.

9個か8個の製造用ファイルをzipに圧縮します.

(NPTHのドリル穴が有無でファイル数が変わります)

 

PCBgogoでの発注

アカウントを作成します.

なお,PCBgogo.jpはhttps(自分とPCBgogo.jpのサーバ間の暗号化)に対応していないので,気になる方はpcbgogo.comを利用するといいでしょう.PCBgogo.jpのパスワードは他のパスワードと共用しないほうが安全だとおもいます.

 

1.基板サイズ,枚数,異種面付の種類等を入力して「見積もり作成」をクリック

異種面付けについてはPCBgogoのツイートが参考になります.


2.料金プランを選択します.

速いが高いプランと安いが時間がかかるプランを選べます.

今回は時間はかかるが安いプランを選択しました.

また,配送方法をDHLとFedExを選べます.

FedExは日本だと佐川が代行しているようです.FedExのほうが安いのでFedExを作成しました.

「カートに入れる」をクリック

 

3.先ほど作成したzipファイルをアップロードします.

4.データがpcbgogoに送信されます.

pcbgogoでデータのチェックを行いデータに問題がなければ,そのときに料金を支払います.

 

4.5 ユニバーサル基板の注文

PCBgogoではユニバーサル基板が無料でもらえます.(僕は注文し忘れましたが…)

左のメニューバーに「ユニバーサル基板」があるので,そこから注文します.

5.ステンシルの注文(欲しい人のみ)

ステンシルを注文する際は左のメニューからステンシルを選び,ほしいタイプのステンシルをクリックします.

ステンシルの備考欄に先程アップロードした基板の注文番号を入力します.

支払い画面が出てきますが,今は支払いません.

あとで,基板と一緒に払ったほうがお得です.

6.料金の支払い

基板のデータに異常が無いことが確認されると,メールが届きます.

webサイトから料金の支払いを行います.

料金はPayPal経由で支払いを行いました.

1回の支払いごとにPayPalの代行料金がかかるのでまとめて支払いをしたほうがお得です.

支払いのときに配送方法がDHLになっていると高くなっているので,FedExに変更します.

ステンシルを注文すると質量が重くなるので,FedExでも送料が高くなっています.

 

支払いを行うと製造を開始してくれます.

pcbgogoのwebサイトから進捗を見られるので楽しいです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です