ESCの動作テスト(Arduino)

ブラシレスモータドライバの動作テスト用のArduinoスケッチです.

可変抵抗の回転数に応じてパルス比(PWMのデューティ比)が変わります.

使い方

 

配線

  • D8ピンにESCのシグナルピンを接続
  • GNDとESCのGNDを接続
  • A0に可変抵抗の中央
  • 可変抵抗の両端を5V,GNDにそれぞれ

 

あとはコンパイルして実行します.

可変抵抗の回転数に応じたパルスが出力されます.

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください