飛行機で水中ロボットを輸送した

沖縄で開催された海洋ロボットコンペティションに参加するため本州から飛行機でロボットを輸送した。輸送時にはバッテリ、石油系アイテムの持ち込みに注意する必要あり。それ以外特に

出発前の注意点

  • バッテリ:機内持ち込みで検査があるのでかばんの取り出しやすい位置にいれる
  • 工具箱:飛行機に持ち込めない接着剤、ライターが入っていないかを確認、工具箱は開かないようにテープでとめる.スプレー類はできない.
  • ロボット:パーツが振動で擦れて壊れないようにクッション入れる、ケーブルにテンションがかからないようにする

海洋ロボコンに参加するためにロボットを持ってセントレアから沖縄に移動した。ロボットの運搬で止められたときのために、離陸の2時間以上前に空港に行くようにしています。

荷物の預けるときにX線を通して中身はなにか聞かれるのでロボットと答えます。壊れものか聞かれるので壊れ物の場合はサインを求められます。過去にはガソリンが無いか、接着剤、ドライアイス、油は入っていないか、天地無用などの指定はあるかとか聞かれました。

運んだ荷物はこんなかんじ。(下から予備パーツ、ロボット、工具箱 手前にあるのがポスター)

無料で預けられる荷物は20kgまでのところ、荷物が30kg弱ありました。10kg分の超過手数料2500円払いました。(往復5000円です)

(料金超過分もチケットになるんですね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください