WSL(Windows Sub System for Linux)にlabelImgをインストールする

WSL(Windows Sub System for Linux)にlabelImg(アノテーションツール)をインストールする方法です.Ubuntu20.04に直接インストールする際は2.から行ってください.

実行環境

  • Ubuntu 20.04
  • WSL 1
  • Windows 10 pro

1.Xディスプレイの設定

WSLからローカルのWindowsに画面を転送する設定をします.

ここ(https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/ )からVcXsrvをダウンロードして,インストーラを実行してインストールします.

つづいて,WSL上で次のコマンドを実行して,環境変数の設定をします.

2. labelImgのインストール

WSL上で実行します.

labelimgの実行

Windows側:「スタート」→「VcXsrv」→「Xlaunch」画面の指示にしたがいNextをひたすら押す

WSL上で次のコマンドを実行

参考資料

https://github.com/tzutalin/labelImg
https://www.amelt.net/imc/programming/python/4942/

トラブルシューティング

Pythonのライブラリ管理にcondaとpipを併用して利用すると,別のパッケージをインストールしたときに以前は使えていたものが使えなくなることがあるようです.

エラーが多発するときはあきらめて,次のサイトの方法を利用するとうまくいきましたが,YOLO形式には対応していませんでした.

https://qiita.com/mdo4nt6n/items/cd252aaeaa2a0b506cff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください