Netgear GS308EのVLAN設定の仕方

Netgear GS308EのVLANを設定してみます。

VLANの基本設定を無効化

VLANを基本的な項目だけで使えるようにする「基本」と、細かく設定する「拡張」を選べます。今回は、拡張で設定していくので基本設定を無効にしておきます。

「VLAN」→「802.1Q」→「基本」を「無効」にする。

拡張設定

VLAN有効

「VLAN」→「802.1Q」→「基本」を「有効」にする。

VLAN IDを追加

VLAN IDのとこにIDを書いて追加ボタンをおす。

ポートにVLANを割り当て

  1. 追加したVLAN IDを選ぶ
  2. フレームにタグを追加したいポートは「T」になるまでクリックする。
    タグのないフレームに死体ポートは「U」になるまでクリックする。
  3. それぞれのポートで設定
  4. 適用をクリック
1番はタグ付き、2番~8番はタグなし

U:タグ無しパケット

T:タグ付きパケット

なし: そのポートにはVLANを割り当てない。

※ 1番の先にルータを接続しています。

PVID(Port VLAN ID)を設定

Port VLAN ID(PVID)を設定する。

PVIDはポートにタグのないパケットが入ってきたときに、パケットにつけるタグ番号です。

https://www.fixes.pub/server/178601.html

PVIDを設定したいポートにチェックを入れて、PVIDを入力。最後に適用をクリックします。

PVIDはVLANメンバーシップと同じものを入れておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください