GoogleHomeからTwitterに投稿する

GoogleHomeからIFTTTを使用してTwitterにツイートをします.

「Ok, google ほげほげとツイートして」と言うと「ほげほげ」とツイートしてくれます.

こんなかんじ

しくみ

IFTTTを使用します.IFTTTはIF this then thatの略だと思っていて,thisとthatの部分をある程度自由に設定できます.

thisがトリガーとなって,thatをする感じです.thisの部分はGoogleHomeに限らず,GPSとか,メールが来たらとか,Twitterでフォローされたらとかいろいろあります.

今回はThisにGoogleHomeで「Twitterでなんとかとツイート」がthisになって,「なんとかをツイートする」がthatになります.

https://ifttt.com/

設定方法

1. IFTTTの登録をします.

登録はつぎのURLを参考にしてください.

https://ifttt-japan.club/knowledge/registration

2, NewAppletを作ります.

thisの部分をクリックします

検索窓に「Google」と入力して,「Google Assistant」をクリックします・

「Say a phase with a text ingredient」をクリック.シンプルなテキストをもとにしますということです.

他のを選ぶとテキスト+数字とか,ある音声だけに反応するとかあります.

「What do you want to say?」に「Twitterで $ とツイート」と入力します.

$の部分にしゃべった文字が入ります.あとでツイートする部分が$になります.

$の前後には半角スペースが必要.

Googleさんは「ついったー」を「Twitter」と読み込んでくれるので,ここではTwitterと書きます.

動作後の反応を設定します.ほげほげとツイートするなら,「ほげほげとツイートしました」と返事してくれます.

しゃべる言語は日本語なので Languageを「Japanese」とします.

3. thatの設定です

thatをクリックします.初回にTwitterと連携させるための画面が現れます.画面の指示にしたがって,Twitterと連携させてください.

Twitterを選択

Post a tweetを選択します.

ツイート内容の設定です

{{TextField}}が先程の$の部分です.そのあとにby Google Homeと付け加えています.

Create actionをクリック

最後に保存して完成です.

Receive notification~をONにすると,この一連の動作が行われたときにIFTTTのアプリから通知が来ます.いらないなら外す.

結果

いい感じ.「ほげ(スペース)ほげ」になるのが気になる

ついでに

・IFTTTのthisの$を2個以上だとどうなるのか試してみましたが,怒られました.1個だけみたいです.

・GoogleHomeでは「$とツイート」と設定はできませんでした.頭に$がつくとだめでした.

なので,今回は「Twitterで$とツイート」としています.

・GoogleAssistantに紐づけているので,スマホの音声操作でも動作します.

・thisのトリガーの単語がわからないときはスマホのGoogleAssistantを使うと文字で見ることができます.

最初はトリガーを「ツイッターで $ とツイート」にしていたので動きませんでした.Twitterにすると動いた

トリガーが「Twitter」?「ついったー」?「ツイッター」?どれにすればいいのか悩んだときに便利.;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください