L2スイッチをお迎えした

NetgearのL2スイッチGS308Tを頂きました!

上にあるNetgearがL2スイッチのGS308Tで、下のNetgearがアンマネージドプラススイッチのGS308Eです。

プライベート、ゲスト、リモートワーク用でVLANを分けてつかっているので、タグVLANをタグ無しに変換して使っています。

アンマネージドプラススイッチからL2スイッチにすると、以下のことができるようになります(VLANまわりでは)

  • 管理VLANを使える(ハブのIPアドレスを管理VLAN上に設定できる)
  • リンクアグリゲーションができる(複数のポートを使って高速化できる)
  • MACアドレスによってVLANを切り替える(会社のPCを接続すると仕事用VLAN、それいがいだとプライベートVLANにするとかできそう)
  • プロトコルでVLANを切り替える

VLANの設定はしましたが、ジャンボパケットを通せるようにしたり、IPアドレス固定化とかもまだしていないので、ぼちぼち設定していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください