F303K8 D4 A4、D5 A5がショートしている件について

ST nucleo F303K8の D4とA4,D5とA5が基板上でジャンパー(ショート)されている.そのため,D5とA5を別々のピンとして使うと連動する問題がある.

D4とA4はSB18,D5とA5はSB16の0Ω抵抗でジャンパーされているため,SB18,SB16を取り外せばそれぞれのピンを独立させて利用できる.

取り外す

場所は裏面のピンのそばにある.チップ抵抗を外す.

図面上でも明らかにつながっている

データシートより 
https://www.st.com/content/ccc/resource/technical/document/user_manual/e3/0e/88/05/e8/74/43/a0/DM00231744.pdf/files/DM00231744.pdf/jcr:content/translations/en.DM00231744.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください